フレシャスのサーバーの設置方法

フレシャスはウォーターサーバーをレンタルして、天然水を自宅で楽しむことができるわけで、当然申し込めばウォーターサーバーが自宅に送られてきます。

 

あまり考えていない人もたまにいますが、実はサーバーの設置はとても重要で、設置する場所や設置の仕方などをあらかじめ考えておくと、スムーズに使えるようになります。

 

逆に言えば、これを考えておかないといつまで経っても段ボールに入ったまま放置・・・なんてことにもなりかねません。

 

そこでここでは、フレシャスのサーバーの設置の仕方の手順をまとめてみました。

サーバーの設置は自分で行う

まず申し込みが完了すると、数日後にメーカーからウォーターサーバーとボトルが送られてきます。

 

フレシャスはウォーターサーバーの設置代行サービスは行っていないため、設置は全て各家庭でやる必要があります・・・が、そこまで難しいものではないので安心してください。

 

まずボトルが入った段ボールには、約7リットル入った水が4パック入っています。

 

大人の男性であっても相当重たく感じるので、女性の場合は箱からボトルを1つずつ運んで持っていったほうがいいかもしれません。

 

まずウォーターサーバーをどこに置くかを決めましょう。

 

フレシャスにはロングタイプとショートタイプがあり、ショートタイプであれば少し床から離れたところ(棚の上など)において使うことができます。

 

重さはロングタイプだと約24キロ、ショートタイプでも15キロありますので、運ぶのが難しい場合は男性の手を借りたほうが早いかもしれません。

 

設置する場所が決まったら、サーバーの上部を開けてボトルをセットします。

 

取り付け方は、まずボトルを入れてから中央の衛生シールをはがし、はがした部分をサーバー本体のアタッチメントに取り付けます。(ですのでボトルをセットする際は衛生シールが上にくるようにいれましょう)

 

アタッチメントを取り付けたら、そのまま放置。

 

電源を入れたくなるかもしれませんが、まだいれずにそのまま水がタンクに入っていくのを待ってから、ちゃんと注ぎ口から水が出るかをチェックしましょう。

 

きちんと水が出ることが確認できたら、電源コンセントを指して設置完了です。

 

なお温水や冷水はすぐには出ないので、電源を入れてから30分〜1時間くらいはそのままにしておくように。

設置の仕方が分からない場合

設置の仕方についてざっくり説明しましたが、フレシャスを申し込むとサーバーやボトルと同時に設置に関する取扱い説明書が送られてきます。

 

ですので、そちらを見ながら設置してもらえばたいていの人は設置できると思いますし、もし設置できないのであれば、公式サイトに設置の仕方の動画がアップされていますのでそちらを参考にしながら設置すれば大丈夫かと思います。

 

口コミなどでも「設置が難しい」というものはほとんど見かけなかったので、そのあたりは安心していいのではないでしょうか。

 

 

 

>>フレシャスの口コミを徹底検証してみた結果はこちら