フレシャスの電気代について

ウォーターサーバーを使って水を飲むためには

 

  • ウォーターサーバー
  • 電気

 

の3つが必要不可欠です。

 

そしてこれらにはそれぞれ利用するにあたって費用がかかってくるわけですが、これはフレシャスにも同じことが言えます。

 

フレシャスの場合は、サーバーレンタル料が無料ですから、実質チェックするべき支出は「水代」と「電気代」のみ。

 

そこでここでは、フレシャスを利用するにあたっての1ヶ月当たりの電気代や水にかかる必要について解説していきます。


フレシャスにかかる電気代

そもそもウォーターサーバーは電気によって動くものですから、当然コンセントに指して電気を供給する必要があります。

 

つまり、ウォーターサーバーを使うためには電気代がかかるのです。

 

では具体的に1ヶ月当たりどのくらいの電気代がかかるのか?

 

実は電気代は住まいのエリアなどによって料金が異なりますし、使い方次第で高くもなれば安くもなるため、一律な金額を表示することができません。

 

ただ、参考までにフレシャスの消費電力は

 

冷水:80W
温水:350W 

 

ですから、これらを元に各家庭の電気料金を算出すればだいたいの電気代を把握することができます。

 

公式サイトでは「1ヶ月の電気代は700円」と謳ってありますが、誤差100円くらいは見ておくといいかもしれません。


フレシャスの水を注文する時にかかる費用

次に使用する水代についてですが、結論から言えばお金がかかるのは注文した水にかかるお金だけでそれ以外の費用は一切かかりません。

 

例えば、水を配達してくれる際の配送料は無料なので、足りなくなったら水代以外を気に説注文してもらって結構です。

 

水代については各ウォーターサーバーによって大きさと価格が異なるため、公式サイトできちんと調べておくといいでしょう。


必要最低限の費用で使えるのがフレシャスの魅力

このように、フレシャスのウォーターサーバーには、不透明な項目による支出は一切ないシンプルな料金体系となっています。

 

そのため、1ヶ月当たりの料金計算も簡単にすることができますし、電気代も他のウォーターサーバーに比べて比較的安価に済ますことができるため、非常に経済的と言えるでしょう。

 

もちろん安ければいい・・・と言うわけではないのですが、安いのもまたメリットの1つであることは間違いありません。

 

ウォーターサーバーの性能や水のおいしさから見ても、フレシャスを使っても問題はありませんので、候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

>>フレシャスの口コミを徹底検証してみた結果はこちら